宇宙学部

宇宙旅行準備クラス
~行き先は宇宙、目的地はあなた次第!~

海外では民間企業の有人宇宙船や有人ロケット開発が進み、もうすぐ、誰もが宇宙に行けて、宇宙飛行士という言葉がなくなる時代が幕を開けます。このクラスではそんな時代に備え、改めて人類が地球の外に出ることはどういうことなのかを学びます。講師には実際に宇宙飛行士を選んできたJAXA職員や、宇宙飛行士の訓練を受けた方を講師に迎え、フィールドワークでは宇宙飛行士が実際に行った施設で模擬訓練の一部を体験します。

講師
斎藤紀男、柳川孝二、菊地涼子
日程
全8回(60分) 火曜日 7:15-8:15
場所
大手門タワー・JXビル1F 「3×3 Lab Future キッチン」
学費等
学費:38,000円(税込)
事務手数料:1,350円(税込)
合計金額
39,350円(税込)
定員
40名
申込み受付終了
※申込締切:9月29日の午前0時です。
第1回

10月3日(火) イントロダクション ~宇宙とは~

講師: 斎藤紀男

地球から出発し目指す旅先は大気のない未知の宇宙空間。宇宙旅行をより楽しむためにも、宇宙についての基礎知識を学ぶ。宇宙旅行準備の心構えが変わる全体のオリエンテーションも含む基本講義。

第2回

10月10日(火) 有人宇宙活動の歴史

講師:斎藤紀男

太古の大昔から人類の先祖は夜空の月や星々を眺めて、そこに何がるあのか、自分も行きたいと思いを募らせていた。神話やおとぎ話からSFまでの長い年月を経て、ロケットの発明により始まった有人宇宙活動の歴史を学ぶ。

第3回

10月17日(火) ISSと「きぼう」

講師:斎藤紀男

現在15カ国が参加して運用されている、6人の宇宙飛行士が常時滞在している人類初の巨大宇宙構造物国際宇宙ステーション(ISS)とわが国の宇宙実験棟「きぼう」について開発裏話なども含めわかりやすく解説する。

第4回

10月29日(日) 【フィールドワーク①】JAXA筑波宇宙センター見学

講師:斎藤紀男、JAXA職員

JAXA筑波宇宙センターで屋外のH-Ⅱロケット、展示館スペースドーム内の実物大「きぼう」や「こうのとり」はじめ実物エンジン、各種人工衛星等を講師解説で見学。きぼう運用棟ツアー(有料)にも参加。

  • 日曜日開催。
  • JAXA筑波宇宙センター集合(13:00)・解散(17:00)予定。
  • 現地までの交通費は学費に含まれていません。
  • 現地での見学料(500円程度)は別途徴収します。
  • 当日は、写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート等)をご持参ください。
  • 雨天決行。荒天の場合は中止となります。
  • 詳細はクラス内にてご案内します。
第5回

11月7日(火) 宇宙飛行士選抜と訓練

講師:柳川孝二、斎藤紀男

わが国は本格的に宇宙実験をスペースシャトル「ふわっと92」で初めて経験した後、JAXA筑波宇宙センターに訓練施設を設置し、ISSで業務を行う日本人宇宙飛行士の選抜や訓練を実施した。その経験を通して実態をこぼれ話を交えて紹介する。

第6回

11月14日(火) ロシアの有人宇宙活動

講師:菊地涼子、斎藤紀男

日本人初の宇宙飛行士になった秋山豊寛氏と一緒に訓練を受けた経験から米国とは違うロシアの宇宙訓練内容、ロシアの宇宙飛行士養成の考え方、また最近のバイコヌールでの打上げの最新情報を紹介する。

第7回

11月18日(土) 【フィールドワーク②】宇宙飛行士訓練体験

講師:斎藤紀男

日本人宇宙飛行士の選抜や訓練に使用した同一施設で、実際に専門インストラクターによる指導のもと体験する。

  • 土曜日開催。
  • JAXA筑波宇宙センター集合。
  • 午前の部、午後の部2回開催。
  • どちらの部になるかは開講後希望を取り決定致しますが、人数制限がありますので、ご希望に沿えない場合がございます。
  • 午前の部:集合(9:00)・解散(12:00)予定。午後の部:集合(13:00)・解散(15:00)予定。
  • JAXAの使用計画により、訓練内容の一部が変更になる場合がございます。
  • 現地までの交通費は学費に含まれていません。
  • 現地での見学料等(3,150円程度)は別途徴収します。
  • 雨天決行。荒天の場合は中止となります。
  • 詳細はクラス内にてご案内します。
第8回

11月28日(火) 宇宙旅行のこれから

講師:斎藤紀男

国家プロジェクトとしてプロフェッショナルの宇宙飛行士が宇宙へ行く時代から、複数の民間企業が開発中の宇宙船や有人ロケットの現状、一般人が宇宙へ行ける宇宙時代への変化と宇宙旅行のこれからについて宇宙エレベーターも含め展望する。

申込み受付終了
※申込締切:9月29日の午前0時です。
斎藤紀男
(スペースゼロワン代表)

カリフォルニア工科大学大学院航空学科修士修了。元JAXA副本部長。YAC相談役。民間企業から宇宙開発事業団(NASDA:現JAXA)へ移り、ロケット開発並び打上げ、人工衛星開発、「きぼう」開発及び利用、宇宙実験、地球観測及び調査国際関係等に携わる。その後(財)日本宇宙少年団(YAC)を経て、講演、イベント、こどもたちの宇宙への夢を育てる活動等に関わる。

柳川孝二
(JAXA社友)

1951年東京生まれ。77年早大物理学修士了。宇宙開発事業団(現JAXA)入社。H1ロケット2段エンジンの開発に従事。87年国際宇宙ステーションの検討に従事。98年ヒューストン事務所長。01年宇宙飛行士室長/宇宙医学室長を担当。07年有人宇宙技術部長。08年宇宙飛行士選抜を担当。17年JAXA社友。(著書)「宇宙飛行士という仕事」(中公新書)、「なぜ,人は宇宙をめざすのか」(共著,誠文堂新光社)。

菊地涼子
(NPO法人「子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)」理事)

1987年東京外国語大学卒、TBS入社、報道局へ。1989~90年「宇宙特派員」として秋山豊寛飛行士と共に旧ソ連(現ロシア)モスクワ郊外の「星の街・宇宙飛行士訓練センター」にて基礎訓練とミッション用訓練を修了、宇宙飛行士の資格認定を受ける。報道カメラマン、外信部・モスクワ支局・社会部・報道番組の記者・ディレクターを経て2000年退社。現在NPO法人「子ども・宇宙・未来の会」(KU-MA)理事。

コース名

[宇宙学部]
宇宙旅行準備クラス ~行き先は宇宙、目的地はあなた次第!~

講師:斎藤紀男、柳川孝二、菊地涼子

実施: 株式会社umari

日程
火曜日 7:15-8:15
学費等
全8回(60分)
学費:38,000円(税込)
事務手数料:1,350円(税込)
合計金額
39,350円(税込)
お支払方法
クレジットカード
キャンパス
大手門タワー・JXビル1F 「3×3 Lab Future キッチン」
定員
40名
備考
  • グループワークあり。
  • 週末フィールドワークあり。
  • 秋学期各クラスの受講生が集まり交流する「終業式」を12/22(金)の夜開催予定です(参加対象:秋学期クラス受講者のみ)。詳細は、クラス内でお知らせいたします。
お問合せ
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
申込み受付終了
※申込締切:9月29日の午前0時です。
Page Top