地域学部

シズル・クリエイタークラス
~島暮らしを発見!山口・周防大島編~

「シズル」とは、食欲や購買意欲を刺激する“おいしそうな感じ”のこと。このクラスでは食の撮影の第一人者であるシズル・フォトグラファー大手仁志氏をメイン講師に、写真、テキスト、取材力など、地域の魅力を発信するためのスキルを学びます。今回は山口・周防大島。スタジオでの撮影実習のほか、現地フィールドワークも行います。最終的には周防大島の魅力を伝えるため皆さんの撮影した写真を島のPRに活かしてもらいます。

講師
大手仁志、淺井裕喜、松嶋匡史
日程
全8回(60分) 火曜日 7:15-8:15
場所
大手町フィナンシャルシティサウスタワー5F 「東京金融ビレッジ」
学費等
学費:32,400円(税込)
事務手数料:1,350円(税込)
合計金額
33,750円(税込)
定員
40名
申込み受付中
※申込締切:本クラス開講2営業日前の午前0時です。
第1回

10月10日(火) 伝わる写真の撮り方1

講師:大手仁志

そそる、そそられる表現、“シズル”とは? 伝わる写真を撮るために必要な撮影の基礎から写真の仕組みなどを学びます。基礎がわかればスマートフォンで撮影した写真も「誰かに見せたくなる」レベルに!

第2回

10月17日(火) 伝わる写真の撮り方2

講師:大手仁志

旅先でのシチュエーションごとに撮影テクニックを伝授。料理を撮るとき、風景を撮るときなど、撮影に関する「そこが知りたかった!」をクリアにする。

第3回

10月24日(火) 周防大島の島暮らしとは?

講師:松嶋匡史

京都から周防大島に移住をして起業した経緯や島暮らしの現状を聞く。

第4回

10月28日(土) 【フィールドワーク①】実践!スタジオで撮影してみよう

講師:大手仁志

周防大島フィールドワークに向けてスタジオでの撮影実習。周防大島の食材などを使ってスタジオならではのライティング撮影を学びながら、レイアウト、アングルなどを工夫し、伝わる写真を制作してみる。

  • 土曜日開催。
  • 会場は食の撮影スタジオ「hue plus」(港区海岸3-5-1)となります。
  • 現地集合(13:00)・解散(17:00)予定。
  • 現地までの交通費は学費に含まれていません。
  • カメラ機能のあるスマートフォン、コンパクトデジタルカメラ、一眼レフカメラなど各自1台必ずお持ちください。
  • 詳細はクラス内にてご案内します。
第5回

10月31日(火) SNSを活用した、心に響く”発信方法”

講師:淺井裕喜

フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのSNSを使って、人の心に響く情報発信のコツを学ぶ。また、公の場での発信には、撮影や文章の書き方に注意が必要。併せて、トラブル回避についても学ぶ。

第6回

11月11日(土)~11月12日(日) 【フィールドワーク②】いよいよ現地へ! 山口・周防大島編

講師:大手仁志

5回にわたって学んだ知識を元に、いよいよ周防大島のフィールドワークへ。「食、ひと、お土産、島暮らし」のテーマに添って、周防大島の魅力のシズル感を思い切り引き出す。

  • 土・日曜日の1泊2日開催。
  • 岩国空港(11/11(土)11:00)又は、JR岩国駅(11/11(土)11:15)集合・JR大畠駅(11/12(日)15:40)解散予定。
  • 現地までの交通費、現地での昼食費は学費に含まれていません。
  • 現地での移動費、宿泊費、懇親会費等(25,000円程度)は別途徴収します。
  • 雨天決行。荒天の場合は中止となります。
  • 詳細はクラス内にてご案内します。
第7回

11月21日(火) 伝わる写真の撮り方3

講師:大手仁志

撮影した写真をより魅力的に伝えるための手法、フォトレタッチ。今回はスマホで加工出来るお手軽手法を学ぶ。ちょっとしたひと手間であなたの写真がさらに魅力的に変化する。

第8回

11月28日(火) 周防大島の魅力をプレゼン発表!

講師:大手仁志

「周防大島の魅力を伝える!」をテーマに、各チームでプレゼン。SNSを使って投稿し、最終的には島のPRへアウトプットする。

申込み受付中
※申込締切:本クラス開講2営業日前の午前0時です。
大手仁志
(フォトグラファー)

「食」の撮影を専門とするスタジオhue代表取締役。1965年栃木県生まれ、1985年株式会社アーバンパブリシティ(現・株式会社アマナ)に入社。その後30年間に渡り「食」に関する広告写真の撮影、ビジュアル制作に携わる。食材や料理がもつ生命力を切り取り表現することが食のフォトグラファーの使命と考え、数多くの広告賞を受賞。
公式サイト「hue」:http://www.hue-hue.com/

淺井裕喜
(食の月刊誌『料理通信』プロモーション担当)

「Eating with creativity」をキャッチフレーズに、食の世界の最新動向を発信する月刊誌『料理通信』の販売と、WEBサイトの制作を担当。フェイスブックやツイッター、メールマガジンなど公式アカウントの管理人や、イベント・セミナーなどを企画。
「料理通信」公式URL: http://r-tsushin.com/
フェイスブックページ: https://www.facebook.com/r.tsushin

松嶋匡史
(株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役)

2001年に新婚旅行先のパリでジャム屋と出会い、2003年手作りジャム専門店を周防大島にて創業。耕作放棄地を借り受けて自社農業部を立上げるとともに、地域の農家58軒を巻き込み果実作りからこだわった6次産業形態のジャム造りを実践し、会社は現在移住者を含め30人の規模に。地域資源を活用し、地域に雇用を生み、地域の経済循環と持続性を重視した取り組みは2014年新書大賞受賞の里山資本主義(角川書店)等でも紹介されている。

コース名

[地域学部]
シズル・クリエイタークラス ~島暮らしを発見!山口・周防大島編~

講師:大手仁志、淺井裕喜、松嶋匡史

実施: 株式会社都市設計H.O.M.E Project株式会社 hue

日程
火曜日 7:15-8:15
学費等
全8回(60分)
学費:32,400円(税込)
事務手数料:1,350円(税込)
合計金額
33,750円(税込)
お支払方法
クレジットカード
キャンパス
大手町フィナンシャルシティサウスタワー5F 「東京金融ビレッジ」
定員
40名
備考
  • グループワークあり。
  • 週末フィールドワークあり。
  • 秋学期各クラスの受講生が集まり交流する「終業式」を12/22(金)の夜開催予定です(参加対象:秋学期クラス受講者のみ)。詳細は、クラス内でお知らせいたします。
お問合せ
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
申込み受付中
※申込締切:本クラス開講2営業日前の午前0時です。
Page Top