丸の内学部

丸の内遊び人クラス
遊びの極意を仕事に生かす

大人が本気で遊ぶ!?「PLAY」=「子供の遊び」ではありません。ルールのある世界で世代が違う人たちが一緒に協力したり、競争したり、新しい価値観をつくったりすることが「PLAY」の醍醐味です。このクラスではいま日本で様々な新しい「PLAY」を生み出しているゲストとともに、古今東西のアナログな遊びを体験して、仕事に生かせるヒントや、今の日本に、人生に大切なものを発見するクラスです。





※動画をWEBサイトで閲覧できない方はこちらからご覧ください。

講師
児玉健、小屋貴義、為田裕行、赤坂大樹、窪田保、桐原繁
日程
全8回(60分) 毎週月曜日 7:15-8:15
場所
学費
34,000円(税込)
定員
40名
申込み受付終了
第1回

5月12日(月) 「PLAY」遊びのチカラ

講師:児玉健

「PLAY」に潜む「Interaction=相互作用、相互の影響」。人と人が向かい合い、素になれる「遊び」だからこその無限の可能性を考える。

第2回

5月19日(月) 世界のアナログゲーム、ドイツゲーム!

講師:児玉健

子供から大人までが熱狂する世界のアナログゲーム、ドイツゲームとは?そしてその背景にはどんな文化があるのか。今の日本に必要なことがこのドイツゲームには隠されている。楽しく学ぶ全員参加講座。

第3回

5月26日(月) 世界の「PLAY」の輸入:知育性と社会性

講師:小屋貴義

世界から遊びを輸入!どのようなマーケティング視点で「PLAY」は輸入されているのか?世界中の玩具の知育のデザインや、それを使う子どもの行動などを解析する。

第4回

6月2日(月) 「PLAY」×「教育」ボードゲームで考え方を学ぶ

講師:為田裕行

イスラエルで生まれた「マインドラボ」は、ボードゲームを教具として使って「考え方」を学ぶ教育プログラム。「ゲームで遊ぶ」ついでに「ゲームで学ぶ」も体験しよう!

第5回

6月9日(月) 鬼ごっこは日本の伝統文化!

講師:桐原繁

たかが鬼ごっこ、されど鬼ごっこ。この遊びの王様が1300年以上の長きに渡り愛され続けていることを知っているだろうか。大人にこそ知って欲しい大切な思いを、新しい鬼ごっこ「スポーツ鬼ごっこ」を通して共有する。

第6回

6月16日(月) 世界と繋がる日本の“KENDAMA”

講師:窪田保

けん玉?KENDAMA?日本の子どもの遊びというイメージのけん玉が、この数年世界中の若者の間で大人気に!アメリカでの流行のきっかけになった動画や経緯などけん玉の“今”を解説する体験型講義。

第7回

6月21日(土) 【フィールドワーク】青空けん玉教室!

講師:児玉健

朝から青空の下、けん玉教室。前週のけん玉講義を聞き、実際にけん玉をして、楽しさを体感!コツがつかめれば自分でもびっくりするくらい上達します。その後、懇親ランチも。

※土曜日開催。
※現地までの交通費、昼食代は学費に含まれていません。
※事情によりフィールドワークを延期する場合、6月28日(土)に開催。
第8回

6月23日(月) チャンバラ合戦-戦IKUSA-

講師:赤坂大樹

遊びをシゴトに。数百人でのチャンバラ合戦で地域を活性化!?イベントプロデュース!?研修!?チャンバラ合戦が世界に広がった過程や方法論などを学ぶ。

申込み受付終了
児玉健
(ドイツゲームスペース@Shibuyaゲームマスター)

"心の栄養士"ともいわれる「おもちゃコンサルタント」の資格を持ち、大人がリアルに遊べる場「ドイツゲームスペース@Shibuya」「人狼ルーム」などゲームスペースやゲームイベントを数多く企画。また、舞台アドバイザー、ゲームを使った企業研修、児童館でのボードゲーム講師など、娯楽・ビジネス・教育など各分野で活動中。けん玉パフォーマンスコンビZOOMADANKE(ず~まだんけ)としての顔を持つ。

小屋貴義
(株式会社CAST JAPAN 代表取締役)

ベルギーの広告代理店を経て独立し、2006年コミュニケーション&トレーディング会社を設立。世界中からベビー&キッズ商材を知育性と社会性の観点からセレクト。また良質な体験を子どもたちに提供することで世の中をかえていくワークショップの団体(クリエイティブ・キッズ/デザイン・ラボ)を設立し、業界を超えた団体を運営中。

為田裕行
(マインドラボ チーフ・インストラクター)

大学卒業後、西日本の大手学習塾企業へ就職をしその後、フューチャーインスティテュートの設立に参画。以後、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学の教壇に立つと共に、先生向けの研修プログラム設計、授業計画コンサルテーション、教育テレビ番組や幼児向け教材などの教育監修を行っている。ボードゲームで考える力を学ぶ、マインドラボを日本へと導入し、日本各地でワークショップ、講師向けの研修などを行う。

赤坂大樹
(NPO法人ゼロワン副理事)

2005年(株)キーエンス入社。アイシン精機、デンソー、パナソニックなど大手顧客を中心に担当、7年間勤務。退職後、おもちゃコンサルタントの資格を取得。2012年デザイン&IT&ゲームを基軸にした(株)TearsSwitchを立ち上げる。業務の傍ら現在はNPO法人ゼロワンにてチャンバラ合戦-戦IKUSA-の副理事を勤め、主に営業窓口、ブランディングを行っている。

窪田保
(グローバルけん玉ネットワーク代表)

学生時代よりけん玉にのめり込み、技を磨くとともにけん玉の普及に取り組む。青年海外協力隊、日本での教育現場での仕事を経て、グローバルけん玉ネットワーク(GLOKEN)を設立。各国プレイヤーらと共に「けん玉で世界をつなぐ」活動を展開している。

桐原繁
(鬼ごっこ協会公認指導員)

「遊びを通して身につけること、見直してみよう」をテーマに、遊びの発掘と普及活動を行っている。鬼ごっこ協会公認指導員のほか、おもちゃコンサルタントとして、屋内外、世代を問わず楽しめる遊びを幅広く提案し、茨城を中心に活動中。

コース名

[丸の内学部]
丸の内遊び人クラス 遊びの極意を仕事に生かす

講師:児玉健、小屋貴義、為田裕行、赤坂大樹、窪田保、桐原繁

実施: 株式会社umari

日程
毎週月曜日 7:15-8:15
学費
全8回(60分) 34,000円(税込)
お支払方法
クレジットカード
キャンパス
定員
40名
備考
グループワークあり、週末フィールドワークあり
お問合せ
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
申込み受付終了
Page Top