ソーシャルビジネス学部

モノすごいクリエイティブクラス
廃棄物の未来をデザインする

私たちの周りには、たくさんのモノが溢れています。同時に、多くのモノが捨てられているのも事実です。これからのサステナブルな暮らしを実現するためには、モノを“つくる”だけでなく、新しい“使い方”を創造することが重要です。普段目にしない廃棄物の世界を知ることで、身の周りにあるモノの見え方も変わってきます。捨てられたモノに魅力を見いだすクリエイティブな発想を学び、モノの未来を創る“使い方”を発明しましょう!





※動画をWEBサイトで閲覧できない方はこちらからご覧ください。

 

講師
中台澄之、いなずみくみこ、梶本博司、寺田尚樹、三星安澄
日程
全8回(60分) 毎週木曜日 7:15-8:15
場所
日本ビル6F「3×3 Labo」
学費
39,000円(税込)
定員
40名
申込み受付終了
第1回

6月25日(木) モノすごいクリエイティブ発表会!

講師:中台澄之,梶本博司,三星安澄,寺田尚樹

各チームのアイデアを発表!

第2回

4月16日(木) 「捨て方のデザイン」って?

講師:中台澄之

「使い方を創造し、捨て方をデザインする」とはどういうことなのか?なぜ今必要なのか?廃棄物処理工場から新しい時代の産廃ビジネスを切り拓くビジネスアーティストに学ぶ。

第3回

4月25日(土) 【フィールドワーク】ナカダイ廃棄物処理工場見学&ワークショップ

講師:中台澄之,いなずみくみこ,梶本博司,三星安澄

1日に約11トンの産業廃棄物が集まる前橋の廃棄物処理工場へ。リサイクルの現場を体験しながら、現場のモノをつかったワークショップも開催。モノが捨てられるとはどういうことか考える。
工場にある廃棄物のなかから独自の視点で“マテリアル”を見つけ出し、グループワークでアイデアを出しあい、クリエイティブなモノづくりにチャレンジ。「見立てる」ちからをつける。

※土曜日開催。
※会場は株式会社ナカダイ前橋工場。
※丸の内集合・解散。
※現地までの交通費、見学料は学費に含まれていません。
※事情によりフィールドワークを延期する場合、5月9日(土)に開催。
第4回

5月7日(木) クリエイティブなチームづくり

講師:中台澄之

フィールドワークでの体験からうまれたアイデアをもとにディスカッションしながら、最終発表に向けたチーム分けを行う。?
これまでナカダイ協力のもとに行われてきた個人やチームでのプロジェクトの実例を学びながら、グループワークでアイデアを詰めていく。

第5回

6月18日(木) グループディスカッション

講師:中台澄之

卒業後にナカダイ企画のイベント等で発表することも視野にいれつつ、アイデアのブラッシュアップをおこなう。
プロダクト、映像、ワークショップ、文章、ブランドプロデュースなど、「使い方」のアウトプットの方法は自由。

第6回

5月14日(木) モノすごい講義①

講師:梶本博司

ユニークな発想でモノをうみだすデザイナーから、「モノすごいクリエイティブ」のヒントを学ひ゛、各チームのアイテ゛アに対してアト゛ハ゛イスをもらう。
子どもの頃に考えていたなにげない空想からうみだされるプロダクトデザインのひみつを探る。

第7回

5月28日(木) モノすごい講義②

講師:寺田尚樹

ユニークな発想でモノをうみだすデザイナーから、「モノすごいクリエイティブ」のヒントを学ひ゛、各チームのアイテ゛アに対してアト゛ハ゛イスをもらう。
建築から模型まで、縮尺を与えることによってみえてくるユーモラスな世界のひみつを探る。

第8回

6月4日(木) モノすごい講義③

講師:三星安澄

ユニークな発想でモノをうみだすデザイナーから、「モノすごいクリエイティブ」のヒントを学ひ゛、各チームのアイテ゛アに対してアト゛ハ゛イスをもらう。
平面、空間それぞれの世界を行き来しながら生み出される自由なかたちのつくり方のひみつを探る。

申込み受付終了
中台澄之
(株式会社ナカダイ 常務取締役)

モノ:ファクトリー代表。1999年ナカダイ入社。ISO14001認証取得やリユース市場立ち上げ等、総合リサイクル業として事業拡大。“使い方を創造し、捨て方をデザインする”リマーケティングビジネスを考案し、モノ:ファクトリー創設。Good Design Award、未来づくりデザイン特別賞受賞。講演や企業研修、コンサルティング、イベントを手がける。企業の価値を創造するビジネスアーティスト。

いなずみくみこ
(なあるアートネットワーク 代表)

武蔵野美術大学芸能デザイン学科卒のアーティスト兼イラストレーター。大好きなガラクタを使った「ガラクタ工作」を多数生み出すとともに、マテリアルを使った再生アートをプロデュースし、様々な場所でワークショップを開催中。講師を務める造形教室の子どもたちがマテリアルを使って作り上げた作品は「第三回産廃サミット」で優秀賞を受賞。公式URL:http://www.naaru.com/index.html/

梶本博司
(プロダクトデザイナー)

家電メーカーのインハウスデザイナーとして12年勤めた後、独立。カジモトデザインとして活動し現在に至る。表面的な形状ではなく中身の成り立ちそのものを考えたいという思いから発明デザインを提唱する。固定概念にとらわれず、すべての物事をポジティブに捉えなおすスーパーポジティブプロジェクトをライフワークに進行中。公式URL:http://hiroshi-kajimoto.com

寺田尚樹
(建築家)

1989年明治大学工学部建築学科卒業、1994年英国建築家協会建築学校(AAスクール)ディプロマコース修了。帰国後、建築やプロダクトのデザインのほか、ブランドのプロデュース、ディレクションを行う。2003年テラダデザイン一級建築士事務所設立、2011年テラダモケイ設立、2013年寺田模型店開店。現在、株式会社インターオフィス取締役本部長。グッドデザイン賞など受賞歴多数。

三星安澄
(グラフィックデザイナー)

早稲田大学建築学科卒。在学中より野老朝雄に師事。2008年MITSUBOSHI DESIGN設立。「かみの工作所」ディレクターとして、ペーパープロダクトを多数デザイン。2011年、杉並区西荻窪に事務所兼ショップの「西荻紙店」をオープン。同年、凸版印刷主催「GRAPHIC TRIAL2012」に参加。デザイン、販売、研究の三分野を横断しながら活動を行う。公式URL:http://www.mitzboshi.com

コース名

[ソーシャルビジネス学部]
モノすごいクリエイティブクラス 廃棄物の未来をデザインする

講師:中台澄之、いなずみくみこ、梶本博司、寺田尚樹、三星安澄

実施: 株式会社ナカダイ

日程
毎週木曜日 7:15-8:15
学費
全8回(60分) 39,000円(税込)
お支払方法
クレジットカード
キャンパス
日本ビル6F「3×3 Labo」
定員
40名
備考
※宿題あり、グループワークあり、週末フィールドワークあり。
お問合せ
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
申込み受付終了
Page Top