丸の内学部

やさしいロケットクラス
知って楽しいロケットのあれこれ

この1年で世界のロケットの状況は随分変わりました!ロケットが打ち上がる時の圧倒的な光、音、振動。でもその原理や構造は難しそうと思っていませんか。クラスでは宇宙の基本的な知識から始まり、燃焼ガスの色から燃料を見分けるなど、文系の方でも入り易いように身近な例や模型等を使いながら進めます。フィールドワークでは、本物ロケットを見たり、マイロケットを打上げましょう!





※動画をWEBサイトで閲覧できない方はこちらからご覧ください。

 

講師
斎藤紀男、中村富久
日程
全8回(60分) 毎週月曜日 7:15-8:15
場所
大手門タワー・JXビル 1F「3×3 Lab Future サロン」
学費
39,000円(税込)
定員
40名
申込み受付終了
※申込締切:本クラス開講2営業日前の午前0時です。
第1回

4月11日(月)  宇宙の基礎:ロケットをよりよく知るために

講師:斎藤紀男

ロケットの特徴はなんといっても宇宙を飛ぶことができること。ロケットの本質をよく理解するために、宇宙についての基礎知識を学ぶ。ロケットを見る視点が変わる全体のオリエンテーションも含む基本講義。

第2回

4月18日(月)  ロケットの原理と宇宙エレベーターの特徴を知ろう!

講師:斎藤紀男

ロケットの原理は非常にシンプル。膨らませた風船の口を離すと勝手に風船が飛んでいく、いわゆる作用反作用。同じく宇宙へ行けるという話題の宇宙エレベーターの仕組とどう違うか比べながら知る。

第3回

4月24日(日)  【フィールドワーク①】JAXA筑波宇宙センター見学

講師:斎藤紀男

リニューアルしたJAXA筑波宇宙センターのスペースドームで実物エンジンやH-Ⅱロケットはじめ、人工衛星、「きぼう」、「こうのとり」等を講師解説で見学。きぼう運用棟ツアー(有料)にも参加。

※日曜日開催(13:00?17:00予定)。
※JAXA筑波宇宙センター集合・解散。
※現地までの交通費は学費に含まれていません。
※JAXAきぼう運用棟ツアー見学費(500円)はクラス内にて別途徴収します。
※雨天決行。荒天の場合は中止となります。
※詳細はクラス内にてご案内します。
第4回

5月9日(月) マイロケット(水ロケット)制作

講師:斎藤紀男

実際にペットボトルを使った水ロケットの制作を楽しみながら、飛ぶ原理を体験する。制作したマイロケットは、第8回のフィールドワークでカウントダウンに合わせて打ち上げる。

※基本ロケットの材料費は学費に含まれます。
※ロケットの製作に必要な基本的な道具はこちらで準備いたします。
第5回

5月16日(月) ロケットの歴史と最新情報

講師:斎藤紀男

ロケット開発はいつ頃から始まりどのように発展してきたのか、日本と世界を対比しながらロケットの開発史を総括。現在世界で開発中のロケットの最新情報も紹介。

第6回

5月23日(月) 日本のロケットの最新情報

講師:中村富久

新開発が始まったH-3ロケット、現在活躍しているH-ⅡAロケット、H-ⅡBロケット、イプシロンロケット等日本のロケットについてJAXAプロジェクト経験者が解説。

第7回

5月30日(月) 再使用ロケットと有人ロケット

講師:斎藤紀男

打ち上げコストを安くするために世界で開発が進んでいる再使用ロケットの特徴と高い安全性と信頼性が要求される有人ロケットに必要な条件とは何かを平易に解説。

第8回

6月4日(土)~5日(日) 【フィールドワーク②】マイロケットを打ち上げよう!

講師:斎藤紀男

JAXA種子島宇宙センターで、第4回で制作したマイロケット(水ロケット)の打ち上げを実施。マイロケットの飛距離と定点の2種目を個人とチームで競う。宇宙センター施設、宇宙科学技術館等の見学及び島内観光も予定。

※土・日曜日の1泊2日開催。
※種子島空港集合・解散。
※現地までの交通費は学費に含まれていません。
※現地での宿泊費、飲食費、移動費等(20,000円程度)はクラス内にて別途徴収します。
※宇宙センターの作業状況によっては打ち上げ場所を変更して実施します。
※雨天の場合は内容を変更して実施します。
※荒天の場合は中止となります。
※詳細はクラス内にてご案内します。
申込み受付終了
※申込締切:本クラス開講2営業日前の午前0時です。
斎藤紀男
(スペースゼロワン 代表)

カリフォルニア工科大学大学院航空学科修士修了。元JAXA副本部長。YAC相談役。民間企業から宇宙開発事業団(NASDA:現JAXA)へ移り、ロケット開発並び打上げ、人工衛星開発、「きぼう」開発及び利用、宇宙実験、地球観測及び調査国際関係等に携わる。その後(財)日本宇宙少年団(YAC)を経て、講演、イベント、こどもたちの宇宙への夢を育てる活動等に関わる。

中村富久
(宇宙航空研究開発機構 輸送系プロジェクト独立評価チーム長)

N-ⅠロケットからH-ⅡAロケットの構造・機構系(火工品)、固体ロケットブースタ(SRB-A)の開発に従事。宇宙実験用小型ロケット(TR-ⅠA)の微小重力実験装置、『きぼう』の共通実験装置の開発等を担当。H-ⅡA及びH-IIBプロジェクトサブマネージャを経てH-IIBプロジェクトマネージャとして開発・打上げを統括。特任参与・チーフエンジニア(兼務)宇宙輸送系研究開発統括(兼務)を経て現職。

コース名

[丸の内学部]
やさしいロケットクラス 知って楽しいロケットのあれこれ

講師:斎藤紀男、中村富久

実施: 株式会社umari

日程
毎週月曜日 7:15-8:15
学費
全8回(60分) 39,000円(税込)
お支払方法
クレジットカード
キャンパス
大手門タワー・JXビル 1F「3×3 Lab Future サロン」
定員
40名
備考
※宿題あり、グループワークあり、週末フィールドワークあり。
お問合せ
お問い合わせはこちらからお願いいたします。
申込み受付終了
※申込締切:本クラス開講2営業日前の午前0時です。
Page Top