クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.05.08

日本庭園クラス

第2回 極楽浄土を表す庭

日本庭園クラスは早くも懇親会を行い、

翌朝がクラス2回目!でした。

授業は前回の続き、大名庭園のお話から。

小堀遠州が確実に作った!

という庭の数の少なさは衝撃でした(笑

伝小堀遠州は確かにたくさんあるけど、

今で言うと

有名建築家の事務所がたくさん建築物をプロデュースしている、

そんな感じだったのかも知れませんね。

そして明治期の庭では小川治兵衛が出てきます。

庭の歴史は基本的に

作庭家と作風の変化、

そして実際に作られて残っている庭。

そういう形で把握していく感じみたいです。

京都の無鄰菴が出てきましたが、

私自身も定期的に行っています♪

また、すぐ横にある京都市動物園にも結構入ってしまうのですが、

中でも一番好きなのはヤブイヌです。

(※中南米原産の水かきのあるワンコです。犬と狸の間っぽい)

皆さんも是非京都に行ったら無鄰庵と動物園をセットで楽しんでください♪

おっと、ちょっと脱線しました(笑

そして昭和の庭ではやはり作庭家重森三玲!

あのとにかく有名なお庭の作者ですね。

なぜこのようなお庭になったのか?

そういう経緯のお話が本当に面白く興味深いです。

なるほど、そのような背景があったのですねー。

と感心することしきりです♪

日本庭園クラスを受講した方は

ただ有名なお庭に来たー!では無く、

ひと味違う視点でもお庭を観られるようになっていくと思います。

何気なく庭や石が気になっている自分に気がつく。

いつの間にか増えていた引き出しに気がつく。

それこそが日本庭園について学ぶ、

最大の醍醐味かも知れません。

京都の甘味情報もご教授いただいたので、

次回狙って行ってみたいと思います♪

クラス委員 いせとる

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top