クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.05.11

シズル・クリエイタークラス

【第4回】外国人観光客の目線とは?

今回の授業では外国人観光客の心に響くポイントを学びました。

講師はトリップアドバイザー株式会社の三橋竜二先生です。

ふくろうマークのアレです!

旅の要素(泊まる、遊ぶ、食べる)を利用者の口コミ評価でランキングしていますが、

その口コミ件数は5億件なんだとか。三橋先生は広報ご担当です。

今期のクラスではインバウンド需要が高まっている仙台がテーマですので、

外国人観光客が日本をどのように見ているのか、いろいろなデータを基に

教えて下さいました。

さて、こちらは「外国人に人気の日本の観光スポット」ランキングです。

我々には馴染みの薄いスポットもありますが、何故このような結果になるのでしょうか。

外国人観光客と言っても「観光客」と「外国人」、二つの目線を意識しないといけません。

前者は「その国らしいものが見たい」のですが、後者は「文化や歴史的背景の知識が薄いため、

体験や直感を好む」傾向にあります。

ちなみに伏見稲荷大社は外国人観光客の人気4年連続1位。

確かに千本鳥居は世界中探しても他にないので、THE JAPAN!な感じです。 

こちらはラーメン(Ra-men)です。

よく見ると家系ラーメンから、中華屋さんで食べるような「五目そば」も全部「ラーメン」。

日本人からすると五目そばはラーメンではないのですが、どうやら外国人は大雑把なのかな。

この辺りが我々とは違う感覚のようなのですが・・・

外国人に伝わる写真を撮るには自分が感じたままに撮ってみるのもいいですね

面白いから、キレイだから・・・撮影において大事な要素です。

その他に三橋先生によるクイズコーナーもありました。

今日は大手先生による写真加工アプリの使い方実演もあり、盛り沢山の1日。

より伝わる写真に仕上げるためには加工や修正も必要です。

大手先生の細かい作業を目の当たりした受講生からは「お~っ!」と

感嘆の声が上がりました。

      

ビフォーアフター全然違います。みんなも実際にアプリを触りながらチェック!

授業後に早速アプリを使って、アップする受講生もいました。

 

次回はいよいよフィールドワーク(1回目)です。

都内スタジオにて仙台の食材を持ち寄って、ライティングの技術を学びながら、

伝わる写真の撮影をします!

クラス委員:BAYA&レイチェル

 

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top