クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.08.03

富士山に登る日本百名山クラス

【第四回】富士山信仰と富士講について学ぼう

富士山クラス第4回は、講師に有坂蓉子さんをお迎えし、富士山信仰と富士講について講義をして頂きました。

有坂蓉子さんは「古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩」や「ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド」等の著者で知られている方で、富士山信仰、富士講、富士塚のスペシャリストです。

では、講義の内容をご紹介!!(かなり個人的なアドリブも入っているのでご了承を!!)

まずは富士山信仰とは?

 

です!

一言では語れないのです。笑

 

そこを何とか纏めてもらうと

 

 

とこんな感じです!

確かにいろんなものが絡み合ってるようです。

 

そこを更に纏めてもらうと!

 

 

ふたつ。

大分まとまって来ました!笑

 

 

全国にある浅間神社は火山活動が活発だった荒ぶる富士山の鎮火を願い、浅間大神(あさまのおおかみ)を祀ったのが原型だそうです。

で、もう一方の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)は天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の妻で、絶世の美女。また火の中で出産したという伝説から、「火に強い神」「火を鎮める神」とされていました。

 

 

浅間神社のご利益は安産、子育て、火難消除、農業・漁業・航海・織物業の守護と多岐に渡ります。

 

 

次に富士講

 

 

富士山サークルと言うと分かりやすいですね。

富士山信仰と富士登山で江戸時代には大いに盛り上がったそうです。

 

また富士山を模した富士塚が全国に作られ、富士塚に登る事で、富士登山と同等のご利益があるとされました。

 

 

こちらは富士山サークルのユニフォームといったところでしょうか?

 

 

おわり

 

ろみ&こーちゃん

 

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top