クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.07.31

心理メソッドクラス

【第2回】感情の扱い方を実践しよう!

夏学期心理メソッドクラスのクラス委員を担当致します、ともちゃんです。どうぞよろしくお願いします!!

今回はまず、前回の振り返りも兼ねて《感情日記》のワークからスタートです。出来事だけでなく、学んだプラスの感情、マイナスの感情を織り交ぜて日記を書きます。


次のワークは、感情日記を応用した《感情当てゲーム》です。2人1組で行います。1人が最近あった出来事について話し、もう1人はその人がその時どんな感情を抱いたかを当てるゲームです。

「何だろう!?」

「難しい〜!!」

という声も聞こえてきます。そう…人の感情って、出来事を聞いただけではなかなか判断できないのです。1つの出来事に対して出てくる感情は人それぞれで、時には正反対の場合もあります。

そんな“感情のギャップ”が積み重なると…人間関係がギスギスしたり、ケンカになっちゃったりする時もあります。“怒り”の感情が沸き上がるのです。家族、恋人、仕事…様々な場面で起こり得る事ですよね。

どんな時にケンカになってしまうか、これが3つめのワークです。テーブルごとにシェアします。みなさんの意見を聞くのはとっても参考になります!!自分にはない考えが次々と!これがワークの醍醐味ですね^ – ^

実は“怒り”の感情というのは第二次感情なのです。怒りの感情が起こるには、必ず理由となる感情が存在します。それが第一次感情です。私はこの事実に目から鱗だったのと同時に、とても納得しました!

 

杏奈先生ともシェア!!ご自身の経験を例としてわかりやすく説明して下さいました!

第1次感情に気づく事は、自分の感情を扱いやすくするきっかけとなると思います!なかなか難しい事ですが、そんな時は《感情日記》を書いて、改めて振り返ってみるのもいいですね!

授業終了後には、杏奈先生に質問されている方もいらっしゃいました^ – ^みなさん勉強熱心!素晴らしい!!!

次回は〜絶対的な自信を作る方法〜です。更に実りある時間となりますように☆

【心理メソッドクラス】クラス委員ブログ

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top