クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.11.14

心理メソッドクラス

【第3回】三日坊主の脱出法方

第3回のテーマは「三日坊主の脱出方法」です。

三日坊主を経験したこと ありませんか?
今回の講義では「やる気」を構成する2つの種類を知ることで、なぜ最初に溢れていた「やる気」が続かずに三日坊主になるのかを紐解いていきました。そして三日坊主から脱出するための秘訣を学びました。
講師は後藤史先生です。
 
「やる気」には【テンション(短期的)】と【モチベーション(長期的)】の2種類があります。2種類を学んだところでワーク。
テーブル共有で皆さんの「飽きるPoint」や「長続きするPoint」が見えてきました。「面倒くさくなってやめた」という声がちらほら出てましたね。
 
長く続けるために大切なのは、モチベーションを「育てる」ことです。「上げる」でも「高める」でもなく「育てる」です。「育てる」は大事なポイントです!
“夏のビキニ”の例はあるあるでしたね。来年の夏にビキニを履くために、いま絶食する必要なんてないのです。夏に向けて、継続的に少しずつモチベーションを育てていくのです。
「育てる」ときに大切となるのが、自身にとってのエサは何かを知り、自分に合うエサを与え続けることです。最初に瞬間的に上がったテンションに合わせて行動目標を立てると実現性が低くなってしまいます。
最初のテンションに惑わされず、確実にできることをやって自己肯定感を高く維持しながら続けることが三日坊主にならない秘訣です。
次回は「周りの人に左右されない自分を作る方法」です。

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top