クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.11.08

ニッポンの塩クラス

【第2回 塩の製法】

第2回ニッポンの塩クラス。全4回のクラスなので、もう折り返しです。。。。早いなあ。

このクラスが終わるまでに、

「自分自身で意識的に塩を選び、楽しめるようになる」

というクラスの最終目標が達成できるのかしら。。。

塩を意識的に選ぶなんてしたことがなかったので(だって塩ってしょっぱいだけじゃない?!)

塩の違いが分かって選べるようになったら、それは楽しいに違いない!

しっかりと勉強しなければっ!

 

第2回目の内容は「塩の製法」です。

塩はどうやって作られるのか。

製法を知ることで、作る人の思いやこだわりが見えてくるとのこと。

 

塩の製造工程は

濃縮工程

結晶工程

仕上工程

の3つに分かれます。

例えば連続テレビ小説「まれ」にも出てきた、海水を砂浜に巻く「揚げ浜式塩田」は濃縮工程に当たり、

最近人気のあるピンク色のヒマラヤ岩塩は鉱山から採掘する結晶工程に当たりと、

各工程にはそれぞれ何種類かの方法があります。

売ってる塩を見てもどんな製造をされたかなんてわからないよねーなんて思ってる方!

実はパッケージの裏に、どんな濃縮工程、結晶工程、仕上げ工程がされたか順番に記載されています。

そんなことが書かれているなんて知らなかった!!

それぞれの工程にどの方法を使うか、どこまで濃縮させるか等で味わいが変わってきます。

そんな作り手の思いを感じながら、これからは塩を選びたいと思います。

(貴重な塩と雪ん子のような青山先生)

クラス終了後、お仕事等で一度解散後、夜に再集結!

ニッポンの塩クラス懇親会開催!

恵比寿にあるSel sal sale( セル サル サーレ フランス語、スペイン語、イタリア語で塩)

という、塩の魔術師と言われている濱口シェフのお店です。塩クラスにぴったり♪

濱口シェフのコース料理には20~30種類の塩が使い分けられおり、

味だけでなく、見た目やプレゼンテーションも素晴らしく、ソルトーク(笑)もはずむはずむ♪

食事後に濱口シェフが使ってる塩を見せて頂きながらのソルトークもう止まらない~!!

みんなの塩変態(褒め言葉です笑)度が更に高まった楽しい夜でした。

次のクラスでは塩と食材のマリアージュを楽しむよ~!!

クラス委員 つるちえ

【ニッポンの塩クラス】クラス委員ブログ

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top