クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.11.24

瀬戸内うどん留学クラス

【第6回】三豊食材を使って新しいうどんメニューの開発

【第6回】三豊食材を使って新しいうどんメニューの開発

楽しかった瀬戸内うどん留学(注:FW)の思い出に浸っていたら…、気付いたらその翌週には第6回講義開催です。

今回の講師はソウダルアさん。(注:日本人です。)
瀬戸内とはかかわりが深く、3年に一度瀬戸内の島々を会場に開催されるアートプロジェクト・イベント、瀬戸内国際芸術祭では女木島へ出張し、レストラン「イアラ女木島」をプロデュースするなど、日本全国あちこちで神出鬼没に活躍する出張料理人です。

まずはご自身の活動の紹介として瀬戸内国際芸術祭でのプロジェクトのお話を伺い、我々も1週間前に訪れたばかりの瀬戸内へと思いを馳せます。芸術的なお料理の写真を見つつ、そしてこれから味わうネオスタイルうどんに心浮き立ちます♪

そして!お待ちかねうどんデモンストレーション開始です。イェーーーーイ!
何か白いもので覆われた大きなテーブルがドーンとセッティングされ、その前に立つ白衣のソウダルアさんが色々なソースや調味料の説明をしながらレイアウトしていきます。

たくさんの柑橘から匂い立つ香り!

色々な食材を仕込んだソース瀬戸内食材のソースをくんくん♪

大鍋には白く輝くうどんがダンス中!

次第にテーブルはカラフルな絵の具で彩られた絵画のようになっていきます。まるでキッチンスタジアムならぬ、キッチンアトリエのよう!

瀬戸内の食材で彩られたキャンバス、最後に茹で上がった讃岐うどんを添え、ソウダルアさんのうどんアートが完成!受講生たちは息を飲んで見守っていましたが、ここからはワイワイ試食タイムです!

”丸の内朝大学にむけて”
~瀬戸内のうどんのこれからを~

三種のうどん
ー茶うどん、生うどん、乾麺ー
猪と鹿、小豆島の野菜と茸のパテ
鶴醤といかすみのソース
島のいろいろな緑のソース
香川本鷹オリーブオイル
トリュフオランデーズ
カレーうどんかりんとう
あらびき唐辛子
島レモン&すだち
鱧のふりかけ

 

皆がさまざまな味付け・思い思いのアレンジで瀬戸内のエッセンスを堪能しました。

そして次回最終回は朝ではなく休日の昼開催。わたしたちが考えたうどんレシピを実際に作って皆で味わいます。どんなメニューが出来るでしょうか。乞うご期待!

クラス委員 あっちゃん&フロレン

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top