クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.08.08

とことん深掘り缶詰クラス

【第2回 とことん深掘り缶詰クラス】なぜ今、さば缶が売れているのか?

皆さん、缶にちは!!

とことん深堀り缶詰クラスも第2回目。全4回のこのクラスは、すでに折り返しとなりました。

 

今回は皆さんお待ちかねの大人気「さば缶」について。

本日の朝食試食の事で頭がいっぱいになりつつも、まずは座学でさば缶についてお勉強です♪ワクワク♪

現在メディアの影響などでさば缶が見直され、売上が1.2~1.5倍になり、スーパーによっても取扱うさば缶ブランドを増やしている傾向にあるそう。

確かにここ最近、予習をかねてスーパーの缶詰コーナーを覗いた所、さば缶が売り切れている事が多いのを目の当たりにしたばかりです。

 

そんな大人気なさば缶を作っている、マルハニチロ青森工場に潜入!

缶詰博士による詳細な地図と共に場所から確認です(笑)

マルハニチロさんでは、鮮度に拘った小ぶりの真鯖を使用し、切身にした生の状態で缶詰に詰められていき、そこから火を通して缶詰が完成するそうです。

 

なので・・・

 

●さば缶の缶所(勘所)

生で詰めるから鯖の栄養がそのまま残っている!

 

しかも圧力をかけて火を通すことで骨まで食べられるようになり、家庭で鯖を煮て食べるよりもカルシウム摂取量は37倍とまで言われているそう!

また青魚に含まれるDHAは空気に触れると酸化するそうですが、缶詰にすることで全てを閉じ込めるためきちんと接種できる。

 

・・・なんだか私は今まで缶詰に対して大きな缶違い(缶詰だけにw)をしていたようです。

正直、缶詰は缶単に食べられるけど、栄養どうこう以前に、保存するために保存料などの化学的なものがたくさん入っているイメージでした。ごめんなさい。猛省。

 

また前回の焼鳥の際も学びましたが、缶詰は機械ばかりではなく人の目と手による作業がかなり重要になっているそう。

例えば、缶詰に機械が鯖の切身を詰めていくけれど、身が横になっているものは人がラインから外して縦にするそう。これは味滲みが良くなるのはもちろん、栄養とうま味のつまった皮が剥がれないようにとの配慮だそうです!

 

丁寧に大切に気遣われて美味しく作られているんだなぁ。缶動。

 

さて、ここで缶詰博士おすすめのさば缶4種と・・・(ちょい足しレシピあり♪)

本日の試食缶詰4種の説明です!!!待ってましたーーーー!!!

 

 

缶詰博士自ら、缶詰クッキング♪

 

本日は・・

[ごまサバ]博士オススメの鯖の味噌煮缶にごま油と白髪ねぎ&白ごまをちょい足ししたもの

[しそサバ]最近出たてのサラダサバ缶を使い、ポン酢・大葉・黒こしょう&サラダサバのオイルをちょい足ししたもの

 

 

本日も作り方はかけるだけ・のせるだけ。いたって缶単です!!笑

+マルハニチロさんのさばのカレー煮とさばのトマト煮はそのままで♪

皆さんワイワイ楽しそうにちょい足しされて、美味しそうに召し上がっておりました(^^)

ご飯やバゲットにももちろん合うのだけど、、、お酒も欲します。

・・・でも朝だからね?笑

本日のおみや缶♪

ラトビアのさば缶だそうです!見た目からオサレ!

こちらも缶単アレンジを教えて頂いたので、今度やってみよう。

 

 

私は博士オススメの鯖の味噌煮缶に缶動し、クラス後すぐポチりました。軽く15缶ほど(笑)

夜のおつまみとしてはもちろん、お弁当にも入れてみましたが、最っ高!!

こんな缶単美味しい世界があったなんて・・・

 

第2回もおつ缶れさまでした!

次回はどんな缶詰と出会えるのかな~

私もすっかり缶詰の魅力にはまって来たので、とっても楽しみです☆

 

クラス委員:アン

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top