クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.11.12

たのしく学ぶ発酵クラス

第2回 「ごはんのお供に味噌&酒粕を!」

第2回 発酵クラス

今回の発酵テーマは

「ごはんのお供に味噌&酒粕を!」

全体で毎朝味噌汁を飲んでいる方は

6人くらいの方が飲んでいました。

朝に発酵食品を食べることで1日の

腸の調整改善につながるとのことなので

是非みなさん習慣にしてください。

 

今回クラスでは味噌当てクイズを実地いたしました。

米味噌、麦味噌、豆味噌、合わせ味噌の

4種類の味噌を用意して、味見して、

予測して頂きました。

みんなの反応は、えー全然違う!!との反応、、

やはり味噌になると味が全然違く感じるとのこと

お味噌のルーツは中国から伝わった【ひしお】

ひしお→味噌→しょうゆ

と発展していったとのこと

味噌を万能薬として食べており

発酵食品は体から毒を排出してくれるものだそうです。

素晴らしいですね!!

 

腸内に宿便がたまっているかどうかの方法も教えて頂きました。

簡単にチェックができる方法が手をお腹に当てて、

おヘソより下部分のお腹が膨らんでいる場合は、宿便がたまっている状態

膨らんでいる方は発酵食品で腸内の改善に役立ててください。

 

これからの季節で立冬から冬至までの期間は

養生期間として体を休ませる事が大切とのこと

日本は真逆の事をしているので、

休みに入ると具合が悪くなる方が多いそうです。

 

そんな時期に味噌を仕込んで養生していただくのが

良い冬の過ごし方です。

善玉菌が分解してくれたものが、発酵食品で

悪玉菌が増えたものは、腐ったものになるので

一番雑菌が繁殖しづらい時期に仕込むのが最適。

 

手前味噌という言葉の通り、

手作りの味噌はすごく美味しいそうです。

ただ作るときの心の状態で出来上がりに

すごく大きな変化があるそうです。

イライラしていて作ると、出来上がりの味が

しょっぱくなるので、味噌を作るときは

穏やかなときに仕込むとすごく美味しい

お味噌に仕上がります。

是非みなさんも試してください。

 

クラス委員

なかちょ

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top