クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.11.30

マネーコミュニケーションクラス

【第3回】『自分マーケティング』の具体的方法を考える

2017年秋マネーコミュニケーションクラスの

2人目のゲスト講師は、内藤先生の友人でもある

(株)ケーズカラナリープランニング代表の越野健太郎氏

 

新卒で大手ゼネコンに入社され、

IT業界を経てマネックス証券へ転職、

その後、起業ブームの流れに乗り飲食ビジネスをスタート。

現在は都内に10店舗を展開する人気飲食店のオーナー

という異色の経歴の持ち主でいらっしゃいます。

この経歴をお聞きするだけでもワクワクしますね。

 

IT業界と金融業界でのキャリアをお持ちの越野氏と内藤先生は

『マーケティングはセンスではなくサイエンス』

だとおっしゃいます。

 

起業を考えた越野氏がまず考えたのは

・どこでなら勝てるか?

・なにに集中すれば差別化できるか?

・どうやったらうまくいくか?

とのこと。

起業当時はネット通販がブームだったそうですが、

競合他社の状況、運営コスト、黒字化までの時間等を

科学的に分析し、勝ち目が少ないと判断。

そして、マニュアル管理がしやすく、オリジナル性が出せる

飲食ビジネスに辿り着いたそうです。

 

いくつかの業態にトライしつつ、

売上とコストと立地のバランスを見極め

独自のロジックを編み出した越野氏が

いま集中しているのは『鉄板焼き』。

 

鉄板焼き業態はリーマンショック時も黒字で経営できたそう。

自分の土俵と強みを見極め集中する。

まさにセルフブランディングですね。

仕事とビジネスが入り混じる時代に必要なことだとしみじみ。

 

『知恵やアイディアで盛り上げられる飲食ビジネスはたのしい』

とおっしゃる越野さんの笑顔が印象的な

あっという間の1時間でした。

 

いよいよ次回はワインバーでのフィールドワーク。

4チームに分かれて、それぞれのコンセプト・メニューで

企画や売上を競います。

  みょん&かも

【マネーコミュニケーションクラス】クラス委員ブログ

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top