クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.04.21

アートボイスメソッドクラス

【第一回】緩む:声から体の音、響きへ

始まりました、第一回アートボイスメソッドクラス。パチパチ。

毎回の講義のレポートは、先生自らメーリングリストに復習かねて送っていただいているので、このブログは、さらっと読んでいただけたら嬉しいです。

ですので、ボイ太郎とボイ子が主人公で、進めていきまーす。笑。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。昨日はよく眠れましたか?

ボイ太郎「久しぶりの早起き、眠いっす」

確かに朝大学、朝早い(わかっているけど・・・)

でも学びの深い時間になれば、お得感も倍です。

私達クラス委員も、朝大学初めて受講の方が多いクラスなので、どんな人が来るのかワクワクしながらお迎えしておりました。

すると楽しそうなメンバーが続々と集まってきました~(^^)/

そんな中、振り返ると先生が気合入れて準備をしておられました。

ボイ太郎「そういえば先生、表参道のレッスンを凝縮して伝えていきたいと話していたもんなぁー」

始まりの時間になり、みんな着替えを終えて集合。

ボイ太郎「えっ。発声練習すると思っていた!」

そうなんです、アートボイスメソッドクラスは、ストレッチから入るのです。

自己紹介タイムから始まり、みんな先生の話を一生懸命聞いています。

声の安心感と信頼感、明瞭性について

ボイ太郎「ふむふむ、なにやら難しい言葉が・・・」

実践だけではなく、しっかりと理論を学ぶことで、自分の声を探せるのかもしれないですね。

ボイ太郎「なるほど(目がウトウト)」

このクラスで意識すること、

①ゆるめること

②呼吸と体の一体化

ボイ太郎「息を吐くことに体を合わせるって、意識してなかったなぁ」

まずは、念入りにストレッチをして、体をゆるめることからスタートです。

ボイ太郎「カラダがピキピキ悲鳴をあげている。うぅっ」

毎回の講義で繰り返すことにより、自分の体と向き合えるのかもしれないですね。

 

次に、発声

まずは、「あ、あ」

そして、「あっ、あっ」

同じ「あ」なのに、全然違います。さすが先生です。

ボイ太郎「先生がかっこよく見えます」

(もはやスルー)

先生の後に続き、胸に手を当て

みんなで発声。

徐々に声の変化に気づきます。

顎回りの筋肉もほぐすことにより、声は変わってくると。

ぜひ家に帰ってもやってみてくださいと先生が言っていましたね。

ボイ太郎「お風呂でやってみます」

お風呂は、声も響くし良いですね。

といっているうちに、アッという間に、第一回が終了。

みんな会社へと向かっていくのでした。

先生はどこへ?と思っていたら、

一人ずつ自らの素敵な声で「いってらっしゃーい!」と。

次回が楽しみです。

ではでは。クラス委員より

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top