クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.09.12

アートヴォイスメソッドクラス

【第4回】想いが声にのる:大きさではなく、深さを体感する

みなさま、こんにちは!

クラス委員のいまけんです。

今回で、前半最後のレッスンとなりました。

第4回目のレッスンのテーマは「想いが声にのる:大きさではなく、深さを体感する」

まず、前回まで行っていたボディーブルーヴを行った後、

新しいストレッチ、その名も

「ドラゴン(Dragon)」

を行いました!!

これまでのストレッチでは動きを止めながら行うことが多かったのですが、ドラゴンはワカメのように体を柔軟に動かしていきます。
一連の動きの中で動きを止めることなく、骨盤・背骨・肩甲骨・喉辺りまで緩めていきます。

ドラゴンのポイントは2つ、
・息を吐きながら顎を出しつつ体を下に倒していき、息を吸いながら猫背状態から体を起き上げていくこと
・体が倒れきる前に次の体を起きあげる動作に、体が起き上がり切る前に次の体を倒す動作にスムーズに持っていくこと
です。

また、今回のテーマである「深さ」ということについて、姿勢の違いを通して新たに学びました。

2人1組のペアとなり、
・一方が相手の両肩を軽く押す
・押されているもう一方は、押しつぶされないように姿勢を整えていく
ということを行いました。

押しつぶされないように整えた姿勢、それが骨盤が立っている良い状態なのです!

今まで呼吸に合わせて体を緩め、猫背のような状態で声をだすことを意識しましたが、この姿勢で声を出すと、低く深みのある声を出すことが出来るようになります。

今回でちょうど半分が終わりますが、自分の響きの変化を感じている方も出てくるのではないでしょうか。
後半も、声を響かせて変化を体感していきましょう!

クラス委員:いまけん&やこちゃん

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top