クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.06.28

アートヴォイスメソッドクラス

【第8回を終えて】ラストはまさかのほぼ全員遅刻ww

春クラスと言いつつ夏クラスか!と言うほど、他のクラスよりも遅くに始まり遅くに終わったアートヴォイスメソッドクラス。
そしてみんな朝が弱いのか!? 最後のクラスだと言うのに時間になってもなかなか集まらない!? 多分、遅刻した当人よりもクラス委員のほうが焦ってました(笑)

最後にひとぴぃ先生からプレゼントで楠瀬誠志郎著「仕事ができる人は声が違う」をいただきました。感謝!謝謝!
ひとぴぃ先生の師匠でもある楠瀬誠志郎先生曰く「ヴォイス・トレーニング」は「ボーカル・トレーニング」と混同されがちですが歌を上手に歌うためのトレーニングが「ボーカル・トレーニング」。
「ヴォイス・トレーニング」はビジネスマンにこそ必要で様々なビジネスシーンにおけるコミュニケーションスキルを磨く手法(メソッド)であると書かれていました。
と今更にしてアートヴォイスメソッドクラス本来の意味を知ったのですが、確かに相手に対してコミュニケーションの第一歩が声による挨拶ですもんね。納得です。
でももっと衝撃的だったのは楠瀬さんと僕が5歳しか違わないこと。とても落ち着いた雰囲気を持っていたので実は一回りぐらい歳上だと思うておりました^^;

さて皆さんは8回のレッスンを通して変化がありましたか? 僕は7年前に初めてレッスンを受けて以来2回目になりますが、初回よりも楽に声が響く気がしました。
というのも初の朝大参加ということもあり、恥ずかしさで緊張していたこともあり、みんなでカラオケに行っても恥ずかしくて声が出せずに終わるというほどでした。
今回は朝大学に慣れた(図々しさが増した?歳をとった?)こともあり、恥ずかしさが半減。声帯を使わず胸を震わせて声を出せる気がしました。

レッスンで度々登場した「ゼファーの森」。実は詩の一部だけを使用していたことを知らず、詩の意味が通じていなかったのですが、最終回で初めて全文を読み上げ、やっと詩の意味が理解できました(笑)

終わってみれば8回のレッスンも「アッという間」でしたね。フィールドワークが無いのでより短く感じました。
初回の懇親会を仕事で欠席したこともあり、明日の懇親会はとっても楽しみにしています。
2次会のカラオケではレッスンの成果を皆さんで確かめ合いましょう! ただサッカー観戦で寝不足で声がでないなんてことが無いように。

byジロウ

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top