クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2017.10.12

酒の国 にいがた プロデュースクラス

【第2回】楽しい新潟清酒・楽しい新潟

ようこそ新潟清酒の世界へ!今回からきき酒も始まるということで、テンションが上がりますね。さて、今日はどんなお酒が飲めるでしょうか?

 

本日の講師は村山先生。新潟で「にいがた美譲」という女性のための日本酒コミュニティを主宰されています。しかも、「酒サムライ」という称号を叙任され、日本酒や日本の食文化が世界に誇れる文化であることを広く世界に発信されています。まさに日本酒のプロフェッショナル。お話を聴けるのを楽しみにしていました。

村山先生からは、新潟清酒の特徴を教えていただきました。すーっとやさしい、キレの良いお酒は、新潟の水質が影響しているとのこと。新潟の水は軟水。この水で日本酒を醸すと、きれいな酒質になります。

また、新潟の気温もおいしい酒造りには重要です。夏は米作りに適し、冬の雪は空気中の塵を洗い落とし、冬の気温は、低温長期醗酵に適しています。

そして、それを支える技術力。軟水で日本酒を醸すと、醗酵がゆっくり進んですーっとやさしいお酒になるのですが、その分醗酵のコントロールが難しくなります。それをカバーするのが新潟清酒の技術力。新潟には、新潟清酒学校という酒造りを学ぶ機関があり、各酒造会社の選ばれた社員が学ぶのですが、会社を超えた横のつながりがさらに新潟の酒造りのレベルを上げています。

さあ、新潟の酒について、座学で学んだあとは、いよいよお待ちかねのきき酒です。

本日のお酒は3種類

美味しすぎて、もっと飲みたくなっちゃいましたが、それは来週の懇親会までのお楽しみということで!

たくさん飲んで、いっぱい学ぶ 酒の国にいがたクラス。来週もたくさん飲むぞ~!!

 

クラス委員 かやちゃん&3号

【酒の国 にいがた プロデュースクラス】クラス委員ブログ

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top