クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.05.13

戦国武将と城探究クラス

【第3回】城の歴史2000年

【第3回】城の歴史2000年

5/7(月)
連休明けの月曜日、第3回目の講座はいよいよメインテーマである[城の歴史]について学びます。

2000年というとても長い歴史のため、抜粋して概略を講義していただきました。
その字の成り立ち通り、「土」から「成」るものが城。
つまり城とは、
成る=盛るで、土を盛ったもの
成る=支配で、土地を支配するものを表しています。 

その起源は野獣から守るため住居まわりに堀を掘り始めたところまで遡り、
柵で囲まれた集落が現れた縄文時代、
より防御性の高い高地性集落や環濠集落などが出現する弥生時代へと続きます。
これは稲作の開始とともに余剰作物が誕生し、

すでに戦争が開始され防御の必要性があった当時の様子が窺われます。

 

この時期の有名な「吉野ヶ里遺跡」は物見櫓や祭殿の柱穴なども検出されており、お城の定義を満たしているとして日本100名城に登録されているのです!
その後は大和時代となり宮都の誕生です。
大王が地方豪族を服属させ、掘・土塁・柵で囲まれて内部を区画した彼らの居館は九州から関東に分布していき、そして宮(天皇の住まい)と都(宮を中心とした都市)の整備もなされていきました。

 

この頃、朝鮮式山城という日本書紀にも記される古代の山城が築城されます。
これは白村江の戦いで敗れ、西の拠点である大宰府の防備が必要となったためです。
日本と親交のあった兵法に通ずる百済の亡命貴族らの指揮により、水城ほか6城の築城が記録されています。

 

そして都城制も導入されます。
中国におけるこの制度で碁盤目状の都市計画であり、藤原京で初めて導入され持統天皇の代に完成、時代は平城京から平安京へと移っていきます。

 

その後、大和朝廷による蝦夷平定の軍事拠点である東北の城柵がつくられます。
東北平定の拠点である宮城県の多賀城跡を始め、岩手県の志波城・秋田県の秋田城など、軍事・政治的拠点としてそれほどの要塞ではない基本的には同じ形式の城が、俘囚(朝廷に服属した蝦夷)と移民により開墾されていきました。

こうした東北城柵も10世紀には混雑により消滅、俘囚な反乱である前九年の役・後三年の役が起こり、いよいよ武士の登場です。

 

 

 

 

この後三年の役を平定した源義家が、出陣の際に戦勝を祈願した地である鎌倉。
源頼朝はこの地に鎌倉城をつくりました。

この頃の世間では鎌倉の都市そのものが城と認識されています。
と言うのも三方は険しい山に囲まれ、残り一方も海に面して細い道を通らなければ入ることができず、まさに鉄壁の守りを持つ理想的な都城であったからです。

その鎌倉幕府も、のちに反旗を翻した新田義貞により、干潮の時間を狙って海から攻められ制圧・滅亡していきます。

時の鎌倉武士は、本領や地位を安堵され御家人として組織し、土塁・掘に囲まれた方形居館に居住していました。

そのなかで大きな勢力を誇る足利氏の鑁阿寺は、特に大規模な居館であり、こちらも[足利氏館]として日本100名城に認定されております。
またこの頃、元の襲来に備えて博多湾沿岸に石築地構築が必要となりました。
約20kmにも及ぶ石築地を、九州の御家人に割り当て、人海戦術によりなんと半年で完成させる突貫工事が行われたのです。

幕府は御家人統制をすすめ全国支配を確立しましたが、封建制であった当時において元寇後恩賞もなく疲弊した御家人たちから悪党が出現し、鎌倉幕府は崩壊に向かいます。
倒幕を画策する後醍醐天皇、それに呼応した楠木正成は河内国赤坂・千早城で挙兵。
包囲するのは幕府軍100万人、対しわずか1000人で攻撃をしのいだと言われています。
この南北朝時代に乱立した山城は、急峻な地形そのものを天険の要害をとして利用したものだったのです。

足利高氏も幕府に反旗を翻して六波羅探題を攻略、鎌倉では新田義貞の進軍により北条高時が自害、こうして鎌倉幕府は滅亡しました。
そして室町時代、三代将軍足利義満は邸宅[花の御所]を造営、その規模は御所の2倍にも及ぶものでした。

またこの時代に各地に築かれた守護館は、花の御所を模したほぼ共通の構造で築かれていき周囲に守護町が展開、のちの戦国時代の城下町へと続いていきます。
守護らの居館背後には山城を恒久的な詰めの城として構えており、山梨県甲府市の要害山城は武田信玄が生まれたところです。

 

とここで、戦国時代を前にして講義の時間切れとなってしまいました…!
城の移り変わりから日本の歴史を怒涛の勢いで振り返って参りましたが、やはりその歴史は深すぎて1時間ではおさまりません。
FWで行く彦根城・犬山城・大垣城への期待をより膨らませながら、第3回の講義は終了しました。
次回第4回は[城を守る仕掛けの数々]を学びます。

 

クラス委員:じぇんとる & のりぴー

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top