クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.07.03

戦国武将と城探究クラス

【第8回】【フィールドワーク】関ヶ原古戦場見学【1日目】

6/23(土) 天気:曇り時々雨
フィールドワーク1日目。
いよいよ、「戦国武将と城探究クラス」の集大成である城巡りが始まりました。
1日目の行程は以下のとおり。

旧鈴木屋敷長屋門、→京橋口の枡形→宗安寺→昼食(夢京橋キャッスルロード)→自由行動①→彦根城(彦根城博物館、天秤櫓、天守、三の丸三重櫓)→玄宮園→自由行動②→夕食(夢京橋キャッスルロード)

まずは、「彦根城周辺」を散策しました。

「旧鈴木屋敷長屋門」
長屋門は、桁行8間(約16m)、梁間2間(約4m)の切妻きりつま造りで、正面右に偏して門が設けられ、門の右に1部屋、左に3部屋の小部屋が連なります。
これらは、中間(武家奉公人)や女中の部屋のほか、馬屋や物置として利用されました。
建物上半を白漆喰壁、腰より下を下見したみ板張りとし、要所には格子窓を設けています。
棟束に文久2年(1862)の墨書があり、幕末の建物であることが判明しています。彦根藩では分限(身分)に応じて長屋門の格式が定められていたようですが、こお建物は彦根藩の中級武家屋敷の典型をなす長屋門として貴重であり、昭和52年(1977)に彦根市指定文化財に指定されました。

当時のままの建造物が残っており、皆写真を撮りながら内部を覗き込んでいました。

「京橋口の枡形」
京都へ通じる道である京橋口には門があったとされており、形式としては枡形で重厚な構えとなっていたそうです。
この多聞櫓の内側には、長大な石の階段が造られています。
これを雁木と称します。
雁木(がんぎ)は多くの城兵が一度に多聞櫓を駆け上がれるように築いたもので城を防衛するための工夫です。
彦根城では門跡の内側でこのような雁木をたくさん見ることができました。

「宗安寺」
夢京橋キャッスルロード、京橋通りにある浄土宗の寺。
佐和山城の正門を移築されたと伝えられています。
井伊道政の正室東梅院の父母の菩提を弔うため上野国箕輪(こうずけのくにみのわ)に建立された安国寺は、
佐和山(232.5m)山麓へ移され、宗安寺と改名、その後彦根城築城のさい現在の地へ再度移転されました。
元禄の大火で、「赤門(あかもん)」と呼ばれる朱塗りの佐和山城大手門を移築した表門が唯一焼け残り、
現在の本堂は江戸時代中期に長浜城付属御殿を移築したものです。
また、本尊の阿弥陀如来立像は、大坂夏の陣の時、淀君の念持仏(ねんじぶつ)と思われる仏像を持ち帰ったもので、
鎌倉時代の作といわれています。その他、墓所には木村重成の首塚、唐人門、鐘楼、白砂に巨石を配した庭園があります。
また、徳川の将軍が替わるごとに祝賀のため朝鮮国から来朝した朝鮮通信使節団高官の彦根での宿泊所であり、朝鮮王像が残されています。

小和田先生曰く、佐和山城大手門を移築したかどうかは定かではないそうです…

昼食は、彦根城下町「夢京橋キャッスルロード」にある「きむら」です。

滋賀県は、「鮎」が有名です。
鮎の名店で鮎ランチと食べるのが初めての方も居た「鮒ずし」を堪能しました。

自由行動の時間を挟み、次は「彦根城内」です。

「彦根城」
姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている彦根城。
天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。
全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡で、年間を通じて多くの人々が訪れます。

雨が降ってきました。梅雨ですね。
雨の中皆で彦根城をバックに記念写真。

 

今までの講義を含めた先生の解説を皆聞き入りながら写真撮影をしていました。

そして生「ひこにゃん」にも会えました!
流石、人気のゆるキャラ、ゆる~い演出にも関わらず、
皆カワイイ×2と写真や動画を撮っていました。

「玄宮園」
玄宮園の原形となる庭園が造営された時期や規模は明確ではないが、
江戸時代初期の延宝6年(1678年)に彦根藩4代藩主井伊直興が整備したといわれる。
江戸時代後期の文化10年(1813年)には第11代藩主井伊直中の隠居屋敷として再整備され、今日に近い形に整えられたといわれる。
玄宮園は御殿部分の「楽々園」に対して名付けられたものであるが、この呼称がいつ頃から用いられるようになったかははっきりしない。



彦根藩主の下屋敷「楽々園」
期間限定で公開されていたらしく、その最終日に運よく入ることができました。
「名勝」と呼ぶに相応しい庭園の景観を満喫することができました。


夜は近江牛を堪能できる近江や「懇親会」

皆、彦根を満喫でき上機嫌!?
ほろ酔いの足取りで宿泊ホテルの帰路に着きました。

次の日は、いざ!関ヶ原へ!
第8回「【フィールドワーク】関ヶ原古戦場見学【2日目】」です。

クラス委員:じぇんとる & のりぴー

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top