NEWS

【丸の内クラウドファンディングプロジェクト第2弾:まるびあ】

お知らせ

2018.06.08

先月、第1弾として「和ルミネーション」が公開された本企画。

本日から第2弾の「まるびあ」プロジェクトが公開されました!

すでにサイトをご覧いただいた方も、

順次プロジェクトが公開されますので、ぜひ随時ご確認ください。

 

公開中のプロジェクトも進捗状況などの新着情報が更新されていき ます。

ぜひ「お気に入り」追加でフォローをお願いします!

 

丸の内クラウドファンディングプロジェクト <https://readyfor.jp/pp/machip>

※外部サイト(Readyfor)へリンクします

■第一弾:和ルミネーション

冬に行われる「丸の内仲通りイルミネーション」と対比した、和傘などを使った夏のイルミネーションイベント。江戸時代に大名屋敷があった大手町エリアに和のイルミネーションを灯すことで、江戸の歴史や文化を感じてもらえる機会をつくり、エリアに興味・愛着を持っていただきたいと考えています。

[2018年6月13日(水)募集終了]

 

■第二弾:まるびあ

丸の内エリアで人と人とを繋ぐクラフトビール「まるびあ」をつくるプロジェクト。生産者・販売者の顔が見えるビールをつくることで、丸の内エリア就業者のコミュニケーション活性化を目指します。コンセプトは『Have a beer, Be in the circle!』。

[2018年6月8日(金)募集開始]

 

■第三弾:丸の内バウムクーヘン

丸の内のお土産として、丸の内エリアで摂れたはちみつを使用した「丸の内バウムクーヘン」をつくるプロジェクト。丸の内を訪れた人が手に取り、大切な人に贈りたくなるお土産づくりを目指します。

[2018年7月募集開始予定]

 

※本プロジェクトは2017年夏学期に開講した「まちづくりプロデューサークラス」から生まれた、大手町・丸の内・有楽町エリアの魅力を伝える企画です。

 

まちづくりプロデューサークラスは、丸の内朝大学2017年夏学期にREADYFOR株式会社と三菱地所株式会社の社員を講師として開講したクラスです。個人がまちづくりに参加する手法としてのクラウドファンディングと「丸の内」というエリアについて学び、グループで街の魅力を引き立てる企画を立案しました。まちづくりを自分事化して、もっと積極的に街に面白い活動を生み出していきたいと願う受講生が、講座終了後も企画実現に向けて走り続けています。

Page Top