クラス委員ブログ

受講生のなかから選ばれるファシリテーターの「クラス委員」が
各クラスの様子をレポート!

2018.12.24

奄美をつむぐ手仕事クラス

【第6回】フィールドワーク 手仕事と絶景を楽しむ旅 in 加計呂麻島

11月23日(金)~11月25日(日)の2泊3日で奄美大島、加計呂麻島に行ってまいりました♪

奄美空港に各々集合し、それからはみんなでバス移動です。
わくわくの1日目。

まずはパワースポットと言われている<ハートロック>へ行きまして、
奄美の青い海を堪能し

そのあとは奄美名物の<鶏飯>でランチです♪

そしてそのあとは以前授業にもいらしてくださった金井工芸さんへ。
伝統的な泥染めも継続しつつ、新しいことにも挑戦している金井工芸さん。
実際に作業場や泥田を見せていただき、あらためて染めについてご説明いただきました。

そんなこんなであっという間に古仁屋の街に到着し、バスを降りると海上タクシーで移動。
夜はみんなで島の食材を使ってご飯作り♪
積極的にご飯作りに参加する人、積極的に先に飲み始める人、自由です 笑

そんなこんなで夜が明け、加計呂麻島2日目。
俵(ひょう)という集落でみなさんにお世話になりました!

こちらでは芭蕉布の糸取りと月桃染めを体験、そしてテル(竹籠)作りを見せていただきました。

芭蕉布の糸取り体験を教えてくださったあやぱん先生と、
月桃染めを教えてくださったあさぱん先生♪
お二人とも実は島の方ではないのです・・・笑
でもとっても島が大好きで、そして楽しく元気なお二人でした。

そしてこちらはテル(竹籠)作りを見せてくださった永田さん。
おじぃはわざわざ古仁屋からフェリーで駆けつけてくださいまして、
竹を細く割るところから見せてくれました。
ほんとね、すごいのです。職人です。そして出来上がりも美しい♪
素敵な経験をさせていただきました。

この夜はみんなでバーベキュー!
美味しいお魚とたくさんのお肉、お酒で盛り上がりました♪
月の綺麗な夜でした。

最終日、3日目は海上タクシーで古仁屋の街に戻って
またバス移動です。

そして美味しいランチを海辺のレストランでいただいてから、
<原ハブ屋>さんに立ち寄りひと盛り上がりしたところで、
もうまもなく旅は終了です。

奄美大島、加計呂麻島を駆け足でめぐり、
ほんのちょこっとではありますが手仕事を体験させてもらうことで
たくさんの学びがあったと思います。
技術の進歩とか自分の周りに溢れている便利で安価なものとか、
ものづくりについてとか・・・。

変わらないものなんてこの世の中にひとつだってないのはわかっているけれど、
このたくさんの素敵な手仕事たちが、残っていく残していくことは
どうにかできないものかしら、なんて思いつつ、帰路につくのでした。

本当によくしてくださった島のみなさんに感謝です。
次はゆっくり、おじゃまします♪

クラス委員 あまみんことまさみん

※「クラス委員ブログ」に記載された意見や表現などは、各記事の執筆者個人の意見・表現であり、
丸の内朝大学企画委員会によるものではありません。

Page Top